特許・実用新案 検索・分析

1-10 of 1019 results
  • 絞り込み

    関連キーワード

  • 絞り込み

    出願年

    • 1988 1988 1
    • 1989 1989 2
    • 1990 1990 6
    • 1991 1991 15
    • 1992 1992 23
    • 1993 1993 27
    • 1994 1994 20
    • 1995 1995 13
    • 1996 1996 21
    • 1997 1997 14
    • 1998 1998 23
    • 1999 1999 24
    • 2000 2000 30
    • 2001 2001 48
    • 2002 2002 51
    • 2003 2003 44
    • 2004 2004 35
    • 2005 2005 59
    • 2006 2006 54
    • 2007 2007 60
    • 2008 2008 68
    • 2009 2009 64
    • 2010 2010 38
    • 2011 2011 35
    • 2012 2012 65
    • 2013 2013 52
    • 2014 2014 43
    • 2015 2015 67
    • 2016 2016 17
  • 絞り込み

    公開年

    • 1993 1993 21
    • 1994 1994 23
    • 1995 1995 26
    • 1996 1996 19
    • 1997 1997 11
    • 1998 1998 17
    • 1999 1999 12
    • 2000 2000 19
    • 2001 2001 20
    • 2002 2002 46
    • 2003 2003 41
    • 2004 2004 52
    • 2005 2005 50
    • 2006 2006 64
    • 2007 2007 33
    • 2008 2008 43
    • 2009 2009 49
    • 2010 2010 72
    • 2011 2011 73
    • 2012 2012 58
    • 2013 2013 64
    • 2014 2014 52
    • 2015 2015 56
    • 2016 2016 36
    • 2017 2017 41
  • 絞り込み

    公告/登録公報発行年

    • 1996 1996 3
    • 1997 1997 4
    • 1998 1998 4
    • 1999 1999 6
    • 2000 2000 5
    • 2001 2001 6
    • 2002 2002 10
    • 2003 2003 7
    • 2004 2004 6
    • 2005 2005 5
    • 2006 2006 15
    • 2007 2007 8
    • 2008 2008 10
    • 2009 2009 24
    • 2010 2010 29
    • 2011 2011 30
    • 2012 2012 33
    • 2013 2013 63
    • 2014 2014 54
    • 2015 2015 34
    • 2016 2016 56
    • 2017 2017 20
  • 絞り込み

    公開種別 (Kind Code)

    • A A 980
    • B2 B2 413
    • B1 B1 19
    • A1 A1 17
    • U U 1
  • 絞り込み

    出願国

    • JP JP 1019
  • 絞り込み

    IPCサブクラス

    • G06F 電気的デジタルデータ処理(計... G06F 350
    • G06N 特定の計算モデルに基づくコン... G06N 205
    • G06Q 管理目的,商用目的,金融目的... G06Q 132
    • H04W 無線通信ネットワーク[200... H04W 120
    • G06T イメージデータ処理または発生... G06T 74
    • G05B 制御系または調整系一般;この... G05B 73
    • H04N 画像通信,例.テレビジョン[... H04N 68
    • A61B 診断;手術;個人識別(生物学... A61B 60
    • G10L 音声の分析または合成;音声認... G10L 47
    • G01N 材料の化学的または物理的性質... G01N 45
    • その他 703
  • 絞り込み

    テーマコード

    • 5B078 学習型計算機 5B078 171
    • 5B049 特定用途計算機 5B049 128
    • 5K067 移動無線通信システム 5K067 124
    • 5L049 管理・経営・業務システム,電... 5L049 124
    • 5B075 検索装置 5B075 106
    • 5B178 知識ベースシステム 5B178 69
    • 5K022 時分割方式以外の多重化通信方... 5K022 47
    • 5L096 イメージ分析 5L096 44
    • 5D015 音声認識 5D015 41
    • 5H004 フィードバック制御一般 5H004 40
    • その他 1851
  • 絞り込み

    出願人 (JP:最新)

    • クゥアルコム・インコーポレイ... クゥアルコム・インコーポレイテッド 141
    • マイクロソフト コーポレーシ... マイクロソフト コーポレーション 62
    • 株式会社東芝 株式会社東芝 26
    • ゼネラル・エレクトリック・カ... ゼネラル・エレクトリック・カンパニイ 25
    • ソニー株式会社 ソニー株式会社 20
    • 株式会社日立製作所 株式会社日立製作所 20
    • 富士通株式会社 富士通株式会社 17
    • ファナック株式会社 ファナック株式会社 15
    • 株式会社ユニバーサルエンター... 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 15
    • 日本電気株式会社 日本電気株式会社 12
    • その他 737
  • 絞り込み

    特許事務所 (JP:最新)

    • 鈴榮特許綜合事務所 鈴榮特許綜合事務所 153
    • 特許業務法人スズエ国際特許事... 特許業務法人スズエ国際特許事務所 126
    • 中村誠特許事務所 中村誠特許事務所 119
    • 特許業務法人谷・阿部特許事務... 特許業務法人谷・阿部特許事務所 68
    • 勝村特許事務所 勝村特許事務所 63
    • ユアサハラ法律特許事務所 ユアサハラ法律特許事務所 32
    • かわい特許事務所 かわい特許事務所 26
    • 伊東国際特許事務所 伊東国際特許事務所 26
    • ゼネラル・エレクトリック・イ... ゼネラル・エレクトリック・インターナショナル・インク 25
    • 日本GE株式会社特許部 日本GE株式会社特許部 25
    • その他 873
  • 絞り込み

    代理人 (JP:最新)

    • 蔵田 昌俊 蔵田 昌俊 153
    • 福原 淑弘 福原 淑弘 150
    • 峰 隆司 峰 隆司 131
    • 野河 信久 野河 信久 126
    • 砂川 克 砂川 克 125
    • 岡田 貴志 岡田 貴志 125
    • 河野 直樹 河野 直樹 122
    • 堀内 美保子 堀内 美保子 122
    • 佐藤 立志 佐藤 立志 122
    • 中村 誠 中村 誠 119
    • その他 3391
  • 絞り込み

    審査記録 最終処分コード (JP)

    • A01 特許 A01 431
    • A99 未処分 A99 332
    • A09 未審査請求によるみなし取下 A09 201
    • A04 取下 A04 40
    • A45 出願却下処分(登録) A45 12
    • A05 放棄 A05 3
  • 絞り込み

    審査記録 査定種別コード (JP)

    • 1 登録査定 1 422
    • 0 査定無し 0 320
    • 2 拒絶査定 2 277
  • (57)【要約】【課題】 一般的なモデル評価関数に基づくより優れたニューラルネット結合重み最適化を可能にするニューラルネット結合重み最適化装置を提供すること。【解決手段】 素子符号化部103と生成部105と復号化部107と評価・選択部109は遺伝的アルゴリズムとモデル評価関数を利用し繰り返し処理を行い解候補ニューラルネット集合を更新していき、最適化されたニューラルネットを獲得する。符号化部103は、選択された既存の各候補ニューラルネットにつき、各ネットワーク素子毎に入力される各結合重みを他のネットワーク素子からの全結合重みのベクトル長で除した値とベクトル長を連結して新ニューラルネットを生成する。復号化部107は、各符号化ニューラルネットにつき、各ネットワーク素子に対する符号部分のベクトル長に対応する符号値の絶対値を各結合重みに対応する符号値にそれぞれ乗じて新ニューラルネットの結合重みを生成する。
    • 特許 - 権利維持
    • 出願番号 : JP20010155478
    • 出願日 : 2001-05-24
    • 公開番号 : JP2002352215
    • 公開日 : 2002-12-06
    • 公告/登録公報番号 : JP3631443B
    • 公告/登録公報発行日 : 2005-03-23
    • 存続期間満了日 (JP) : 2021-05-24
    • 出願人 : 株式会社東芝
    • 特許事務所 : 中村誠特許事務所特許業務法人スズエ国際特許事務所...
    • 発明者 : 佐藤 誠
  • (57)【要約】【目的】 学習用入力信号を用いた簡単な学習により、安定に所望の出力信号を得ると共に、学習外入力信号に対しても所望の出力信号が得やすいニューラルネットワークを提供する。【構成】 主ニューラルネットワーク(21)と補正ニューラルネットワーク(22)とを入力に対して並列接続し、学習用入力信号に対して教師信号を用いて学習させた主ニューラルネットワーク(21)と、教師信号と比べてその出力ユニット信号の許容範囲を越えた誤差の有無を検出し、誤差を生じた学習用入力信号に対して少なくとも学習させ、更に前記の誤差の有無を出力状態教師信号として出力状態信号を送出させる為に補正ニューラルネットワーク(22)を学習させる。入力信号に対して補正ニューラルネットワーク(22)から得た出力状態信号を基に、出力選択制御器(23)においてどちらのニューラルネットワークから許容誤差範囲内の出力ユニット信号を出力させるかを決定し、出力選択スイッチ(19)を制御して所望の出力ユニット信号を出力信号として送出させる。
    • 特許 - 権利抹消済
    • 出願番号 : JP19930288791
    • 出願日 : 1993-10-26
    • 公開番号 : JPH07121494
    • 公開日 : 1995-05-12
    • 公告/登録公報番号 : JP3277648B
    • 公告/登録公報発行日 : 2002-04-22
    • 権利消滅日 (JP) : 2011-02-15
    • 出願人 : KDDI株式会社
    • 特許事務所 : 山本特許技術事務所
    • 発明者 : 八塚 陽太郎菅谷 史昭
    • スコア : 12352.685
    • 被引用件数 (JP・US) : 4
    • 引用件数 (国内) : 2
    • 関連特許
  • (57)【要約】 (修正有)【課題】 入力データに対する出力信号の正誤答を高い精度で判定する機能を有し且つ汎化能力の高いニューラルネットワーク手段を提供する。【解決手段】 第1の2値教師信号による学習済みニューラルネットワーク29からスレショルド手段30を介し信号を送出する第1の2値出力ニューラルネットワーク手段31と、第1の2値教師信号をコード変換した第2の2値教師信号による学習済みニューラルネットワーク32からスレショルド手段33を介して得た信号を教師信号コード逆変換手段34により第2から第1の2値教師信号への逆変換送出する第2の2値出力ニューラルネットワーク手段35と、同様な構成による第3の2値出力ニューラルネットワーク39とから、多数決結果を送出する多数決処理手段24と、多数決結果から正誤答判定と選択送出する出力選択処理手段25から構成。
    • 特許 - 権利抹消済
    • 出願番号 : JP19990229192
    • 出願日 : 1999-08-13
    • 公開番号 : JP2001051969
    • 公開日 : 2001-02-23
    • 公告/登録公報番号 : JP3675246B
    • 公告/登録公報発行日 : 2005-07-27
    • 権利消滅日 (JP) : 2011-05-13
    • 出願人 : KDDI株式会社
    • 特許事務所 : 山本特許技術事務所
    • 発明者 : 八塚 陽太郎
    • スコア : 11226.766
    • 被引用件数 (JP・US) : 4
    • 引用件数 (国内) : 5
    • 関連特許
  • (57)【要約】【目的】 燃料性状が季節によって変化しても燃焼状態にマッチした判定がなし得る燃焼判定方法および装置を提供する。【構成】 カラー画像を利用してニューラルネットワークにより燃焼装置の燃焼判定を行う際に、燃焼状態の判定に用いられているニューラルネットワークの燃焼状態の判定または評価結果が妥当しなくなった場合、稼働中の燃焼装置からの運転データに基づいて作成された教師データを用いて学習を行った新たなニューラルネットワークに、燃焼状態の判定に用いられているニューラルネットワークが、その燃焼装置の稼働中に更新されて燃焼状態の判定または評価がなされるものである。
    • 特許 - 権利抹消済
    • 出願番号 : JP19960213062
    • 出願日 : 1996-07-23
    • 公開番号 : JPH1038243
    • 公開日 : 1998-02-13
    • 公告/登録公報番号 : JP2860782B
    • 公告/登録公報発行日 : 1999-02-24
    • 権利消滅日 (JP) : 2015-12-11
    • 出願人 : 川崎重工業株式会社
    • 特許事務所 : 曽々木国際特許事務所
    • 発明者 : 南部 栄一郎宮本 裕一...
    • スコア : 8800.054
    • 被引用件数 (JP・US) : 2
    • 引用件数 (国内) : 4
    • 関連特許
  • 画像などの既存の位相情報を有するデータ配列を処理するためのニューラルネットワーク及び該ネットワーク使用方法
    【要約】 相対的な位相情報を有するデータ配列を処理するためのニューラルネットワークであって、人工ニューラルネットワークのノットに対応するセル(Ki)のn次元配列を備え、前記セルのそれぞれが、前記セル(Ki)に直接隣接するとともに該セル(Ki)の近傍を形成する周囲のセル(Kj)に対する結合を備え、前記セル(Ki)のそれぞれが、前記周囲のセルに直接隣接する1つのセルへの各結合のためのインプットを備えるとともに、1つ若しくはそれ以上の前記直接隣接するセル(Kj)への結合のためのアウトプットを備え、前記セル(Ki)と前記直接隣接するセルの間の前記結合が重み(wij)により決定され、前記セルのそれぞれが、前記セル(Ki)の活性値或いは活性化関数(Ai)として定義される内部値により特徴付けられ、前記セル(Ki)のそれぞれが、信号処理を実行することによりセルのアウトプット信号(ui)を作り出し、セル(Ki)の前記出力信号(ui)が前記直接隣接するセルの入力値の関数であり、セルのそれぞれが、対応するセルの開始値であり、前記ニューラルネットワークの特定数の相互作用的処理段階の後に、セル(Ki)の内部値或いは出力値(ui)を、一意的に関連付けられたデータ・レコード(Pi)のための新たに得られた値(Ui)としてみなすことにより、処理が行われることを特徴とするニューラルネットワークである。
    • 特許出願公開 - 審査請求有
    • 出願番号 : JP20060523636
    • 出願日 : 2004-08-18
    • 公開番号 : JP2007503629
    • 公開日 : 2007-02-22
    • 出願人 : セメイオン
    • 特許事務所 : 清原国際特許事務所
    • 発明者 : パオロ マッシモ ブセマ
  • 言語入力により自律的に知識を拡大する人工知能装置
    【要約】 【課題】問題解決にあたり人間の柔軟性とコンピュータの処理能力を併せ持たせ、さらに機能、性能、自律化を向上する過程で機械が暴走しないということを保証する人工知能装置を提供する。【解決手段】人間の指示および学習により情報および情報の構造を分析・記録する処理を実施し、情報間の関係をパターン間の接続関係およびパターン間の処理により知識体系として構築し、情報、問題の型、問題の解決方法、手順、思考、思想、文脈、分析結果、情報間の接続関係および関係性、情報および処理プログラムの起動条件、情報および処理プログラムの起動履歴を記録して知識体系を構築する。問題解決にあたっては、構築した知識体系を活用するとともに、問題解決に必要な処理プログラムを自律的に起動し処理結果を知識体系に組み込んで知識体系の向上を図っていく。【選択図】図1
    • 特許 - 権利維持
    • 出願番号 : JP20150217071
    • 出願日 : 2015-10-16
    • 公開番号 : JP2016048569
    • 公開日 : 2016-04-07
    • 公告/登録公報番号 : JP5907469B
    • 公告/登録公報発行日 : 2016-04-26
    • 存続期間満了日 (JP) : 2035-10-16
    • 出願人 : 宮崎 洋彰
    • 発明者 : 宮崎 洋彰
  • (57)【要約】【目的】 誤差信号の大きさをもとに最適な重み係数更新誤差信号を生成し、重み係数を更新する学習方式により、高速且つ安定に所望の出力信号を得ることができるニューラルネットワークを提供する。【構成】 2値教師信号を用いて学習させる2値ニューラルネットワークにおいて、該2値教師信号と一致した2値出力ユニット信号を送出する出力ユニットでは、該2値教師信号から該2値ニューラルネットワークの出力ユニット信号を差し引いて得た誤差信号の絶対値が第一のスレショルドより小さいと、該誤差信号と逆の極性を持った該教師信号から離れるに従い振幅が小さくなる重み係数更新誤差信号を生成し、該誤差信号の絶対値が該第1のスレショルドよりも大きいと、該誤差信号より小さい振幅を持った同極性の重み係数更新誤差信号を生成し、一方、該2値出力ユニット信号が誤っている該出力ユニットでは、該誤差信号と同じ重み係数更新誤差信号を生成する重み係数更新誤差信号生成器10を用いて、重み係数更新誤差信号をもとに重み係数を更新することを特徴としたニューラルネットワーク学習方式。
    • 特許 - 権利抹消済
    • 出願番号 : JP19950077168
    • 出願日 : 1995-03-09
    • 公開番号 : JPH08249304
    • 公開日 : 1996-09-27
    • 公告/登録公報番号 : JP3367264B
    • 公告/登録公報発行日 : 2003-01-14
    • 権利消滅日 (JP) : 2008-11-08
    • 出願人 : KDDI株式会社
    • 特許事務所 : 山本特許技術事務所
    • 発明者 : 八塚 陽太郎
    • スコア : 4913.580
    • 被引用件数 (JP・US) : 1
    • 引用件数 (国内) : 3
    • 引用件数 (国外) : 1
    • 関連特許
  • 【要約】疾病、損傷および身体状況のスクリーニングまたは探知のための方法および装置。この方法および装置では、疾病、損傷および状態が変化している疑いのある箇所の範囲に配置された多数の測定センサーから生物電位が受け取られる。それからこれらの電位は処理され、処理された値は、特殊な状態の兆候を提供するために、確認可能なタイプのデータを受け取って分析するように独特に調整された、特殊なタイプのニューラルネットワークあるいはニューラルネットワークの組み合わせに供給される。
    • 特許出願公開 - 取下・放棄等
    • 出願番号 : JP19960517622
    • 出願日 : 1995-12-07
    • 公開番号 : JPH11503333
    • 公開日 : 1999-03-26
    • 出願人 : バイオフィールド コーポレーション
    • 代理人/特許事務所 : 大賀 眞司田中 克郎...
    • 発明者 : ファウペル,マーク,エル.ロング,デイビッド,エム.,ジュニア.
  • (57)【要約】【目的】 大量のプラントパラメータの間の関係を、プラントの運転履歴データを用いて抽出することにより、これに係る情報を分り易く表示して、効率良く迅速なプラント監視操作を可能とすることにある。【構成】 プラント101からのデータをデータとり込み記憶装置201により周期的にとり込み記憶し、ニューラルネット処理装置401により、前記の記憶されたデータをニューラルネットの入力データ及び教師データとして与えて学習処理を実行し、この結果得られた各リンクに対応する重み係数の値を、リンクの太さ、色などに対応づけて表示装置601に表示し、プラントパラメータの間の関係を示す。
    • 特許 - 権利抹消済
    • 出願番号 : JP19930253750
    • 出願日 : 1993-09-16
    • 公開番号 : JPH0784633
    • 公開日 : 1995-03-31
    • 公告/登録公報番号 : JP3259152B
    • 公告/登録公報発行日 : 2002-02-25
    • 権利消滅日 (JP) : 2013-09-16
    • 出願人 : 株式会社日立製作所
    • 代理人/特許事務所 : 伊藤 修笹岡 茂
    • 発明者 : 丸山 武一大賀 幸治...
    • スコア : 4438.242
    • 被引用件数 (JP・US) : 1
    • 引用件数 (国内) : 5
    • 関連特許
  • 【発明の詳細な説明】 技術分野 本発明は、先進的乃至は究極的な人工知能の基礎原理を与える。それは、ディジタル情報の新しい利用技術を含んでいる。本発明は人間の持つパターン認識能力と同等以上の能力を必要とする広範な分野に使用され得る。 具体的には、本発明は漢字を含む本格的な手書き文字認識システムや一般的な物体認識システム、更には不特定話者対象の音声認識システムに使用され得る。 本発明は、一般的な予測システムとしても使用され得る。それらの代表的なものとしては、気象予測や地震予知,更には一般的な物理系に於ける状態の推移予測,株価や為替を含む各種経済指標の予測等が挙げられる。 本発明は、コンピュータで代表される一般的なデータ処理システムそれ自体の新規機能、とりわけ大規模データベースの一般的な...
    • 特許 - 権利抹消済
    • 出願番号 : JP19970518076
    • 出願日 : 1996-11-08
    • 公開番号 : JPWO9717659
    • 公開日 : 1998-02-24
    • 公告/登録公報番号 : JP3796755B
    • 公告/登録公報発行日 : 2006-07-12
    • 権利消滅日 (JP) : 2009-04-28
    • 出願人 : 野村 勝彦
    • 発明者 : 野村 勝彦