機能・操作関連

Q.操作方法に関するマニュアルはありますか?
A.スタートガイドの「基本操作説明」に、Patentfieldの操作方法に関するスライド資料を掲載しておりますので、
こちらをご参照ください。

Q. 公報のPDFは検索が可能なテキスト埋め込み形式ですか?
A. 日本の1993年以降発行のPDFはJ-Platpatで提供されているデータと同様に検索が可能なテキスト埋め込み形式です。1971年~1992年の日本のPDFと米国のPDFは検索することができない画像形式となっています。

Q. データの提供元を教えて下さい。
A. 公開公報、特許公報、整理標準化データ(経過情報)については、日本国特許庁、米国特許商標庁が提供しているデータを利用しております。
ファミリー情報の取得には、欧州特許庁のAPIを利用しております。
公報やリーガルステータスのデータについては、できるだけ信頼性の高いソースを正規な手順で取得し、安定して提供できるデータのみを提供して参ります。
なお、公報、リーガルステータスなど以外のデータについては、付加価値を高めるためにマッシュアップ的に様々なデータを活用することがあります。

Q.EPO公報で、タイトル以外の内容(クレーム、明細書)が表示されませんがなぜですか?
A.PCTからEPOに移行された出願については、テキスト情報が収録されておりません(PCT出願と同内容のため)。内容を確認する場合は、下図の赤枠内のように、パテントファミリーのWO公報を選択いただくと、ファミリーのPCT出願の内容を確認することができますので、お手数ですが、そちらでご確認をお願いいたします。


Q. 検索結果の母集合の件数が増えたり減ったりしますがなぜですか?
A. マップの集計条件を2軸に設定している場合は、マップに描画されている件数に応じて検索結果の件数も変化します。Patentfieldでは、検索と可視化がシームレスに反映されるようになっており、マップと母集合の件数がリンクしています。マップの集計条件を1軸にすると、
元の検索結果の母集合に戻ります。

Q.特許分類(IPC、FI、Fターム等)の検索で、下位分類を含めて検索する方法はありますか?
A.特許分類で下位分類を含めて検索するには、末尾に.(ドット)をつけることにより、下位分類(FIの場合、分冊識別記号も含む)をまとめて検索することができます。

G06F19/00.


Q.マップで「出願年」を軸に表示させていますが、過去10年分しか表示されません。20年分遡って表示させる方法はありますか?
A.マップでは、出願年、公開年等の期間は10年、出願人、IPC等の件数は上位10件が表示されるようになっています。マップの右上に表示されている「集計条件を設定で、
集計期間や集計件数を変更できます。
詳細は、
下記スライドのP7をご覧ください。


Q.セマンティック検索で作成した母集合に対して、フィルターをかけるにはどうすればいいでしょうか?
A.セマンティック検索モードでは、複数の入力フィールドの適用優先順位があり、「1.サブキーワード>2.フィルター(詳細)>3.検索入力フィールド」の順になっています。そのため、下記図の入力例では、まず2.フィルタ「公開日2020-04-15以下」が適用され、そのフィルター条件の中でセマンティック検索が実行されます。

そのため、セマンティック検索の母集合に対して、フィルターをかけるには、フィルター内の1行目で「セマンティック検索」を実行し、2行目でフィルター条件を指定することで、セマンティッ検索で作成した母集合に対してフィルターをかけることができます。


Q.検索式で作成した母集合Aに対して、別の検索式で作成した母集合Bを呼び出して、母集合A&Bで論理演算する方法はありますか?

A.保存した検索式を呼び出して、他に保存した検索式や現在組み立てている検索式と論理演算をすることができます。
 [手順]
1.母集合Aとなる検索式を作成して、検索式を保存します。
  検索結果画面から、フロッピーマークをクリックして保存ができます。
  母集合Bについても同様に、検索式を作成して、検索式を保存します。

2.詳細検索画面から、保存条件一覧を開いて保存した検索式を呼び出します。

3.保存条件一覧から、呼び出したい検索式を「セット」します。
  セットされると、画面上部にセットされた条件式が表示されます。

4.セットした検索条件の論理演算を「AND」「OR」「NOT」から選択することができます。
  下記図では、「母集合A or 母集合B」の8092件がヒットするようになります。