トップページ


特許・実用新案検索・分析のトップページ(https://patentfield.com)は、ヘッダー部分1と、トップ検索フォーム2と、リンクタイル3から構成されています。

1. ヘッダー

ヘッダー1は、特許・実用新案検索・分析の各ページにおいて共通しています。

1.1 検索入力フィールド
検索したいキーワード、会社名、番号等を入力します。
検索入力フィールドにキーワードの一部を入力することによってキーワード、番号などの候補がサジェストされます。入力サジェストの詳細はこちらをご参照ください。

全文検索モードの場合、検索対象は、番号、タイトル、請求の範囲(出願時/付与時)、明細書、出願人、権利者、代理人、特許事務所、発明者、審査官フリーワード、PAJ(日本特許英文要約)、特許分類(コード)を幅広く横断でキーワード検索します。
キーワードだけでなく、AND(+) OR NOT(-)や括弧などの論理演算子や近傍検索演算子などを使えます。全文検索の詳細はこちらを参照ください。

セマンティック検索モードの場合、タイトル、請求の範囲(出願時/付与時)、明細書、出願人、発明者等を機械学習で学習させた特徴量に対し、キーワード、任意の文書または特定の特許文献の番号で類似検索します。
セマンティック検索の詳細はこちらをご参照ください。

1.2 詳細検索(Advanced search)画面トグル

クリックするとモーダルで詳細検索(Advanced search)画面を開きます。
詳細検索画面では、日付や出願人、特許分類、リーガルステータス、中間手続きコードなど100種類以上のフィルターや集計処理、パテントスコアなどが設定できます。
詳細検索画面についてはこちらをご参照下さい。

1.3 検索ボタン

検索を実行します。検索モードによってアイコンが変わります。検索モードは、詳細検索画面上の設定もしくは、下記トップ検索フォーム2.4.検索ボタン、2.5.セマンティック検索ボタンを押下することによって切り替わります。

全文検索の場合


セマンティック検索の場合


引用マップ分析の場合

1.4 各種リンク
価格ページ、メニュー、ログイン/ログアウトのリンクなどを含みます。

メニューはドロップダウン形式で各ページ、マイアカウントページへのリンクがあります。

2. トップ検索フォーム

トップ検索フォーム2は、原則、ヘッダー1と同様の構成を有しています。

2.1のフィールドは、1.1検索入力フィールドと同期されています。

2.2と2.3は1.2と同様に詳細検索画面を開くためのトグルです。

2.4の検索ボタンは全文検索モードで検索を実行します。

2.5の検索ボタンはセマンティック検索モードで検索を実行します。

3. リンクタイル

リンクタイル3は、左から出願人検索へのリンク3.1と、特許事務所・代理人検索へのリンク3.2と、発明者検索へのリンク3.3と、特許分類検索3.4からなります。

マウスオーバーすることにより、リンクボタンが現れます。