コマンド検索

コマンド検索では、複雑な検索式をコマンドで組み立てることができます。専門家向けの機能です。
単に特定の検索項目でフィルターしたい場合は、詳細検索画面(Advanced search)のフィルター(詳細)より検索項目を選択することができます。

コマンド検索画面は、詳細検索画面(Advanced search)上のコマンド検索のラジオボタンをクリックすることにより開くことができます。

書式

{検索項目コード}:{検索クエリ}

という書式で検索項目コードと検索クエリをコロン(:)で区切って記述します。検索項目コードが省略された場合、keywords(KW)と同じ意味となり、名称/要約/請求の範囲/明細書/審査官フリーワードを横断的に検索します。

検索項目コードは、検索項目コードを参照。コマンド検索では、CLなど省略系のコードが使用できます。

コマンド検索の書式は、全文検索モード(デフォルト)では受け付けないことに注意して下さい。検索項目コードを指定しての検索は、コマンド検索モードかフィルター(詳細)を使う必要があります。

論理演算子

論理積 AND and + 指定なし
論理和 OR or
論理否定 NOT not -

AND OR NOTなどの論理演算子を指定することができます。指定しなかった場合、ANDとなります。

グルーピング

()カッコでグルーピングすることができます。

行番号を指定しての集合検索

コマンド検索では、複数行入力することができます。L:{行番号}と入力することにより、行を指定し、母集団を組み合わせて論理演算することができます。

太陽電池
ソーラーパネル
L:1 OR L:2

上記の例は、以下と同じ意味です。

太陽電池 OR ソーラーパネル

複数行での検索種別

コマンド検索で複数行入力した場合、デフォルトでは最終行のみが検索に利用されます。検索フォーム上部のラジオボタンにより、最終行のみではなく、各行をAND検索またはOR検索で繋いで検索することも可能です。

行単位での検索ヒット数の取得

コマンド検索では、行ごとに右端の検索ボタンをクリックすることにより検索のヒット数を確認することができます。

完全一致検索/部分一致検索

    検索項目コードと検索クエリをコロン(:)のみで繋いだ場合、検索項目コードによって部分一致検索か完全一致検索か挙動が変わります。原則、長文テキスト系は部分一致検索となり、その他は完全一致検索となります。

    たとえば、以下はクレームを対象に"太陽電池"という文字列が部分一致しているものを検索します。

    CL:太陽電池

    また、たとえば、以下は出願人(JP: 最新)を対象に"国立大学法人京都大学"という文字列が完全一致しているものを検索します。

    AMAPP:国立大学法人京都大学

    検索種別は、検索項目コードを参照。

    フレーズ検索

    検索クエリをダブルクォーテーション(")で繋いだ場合、連続して出現するもののみを検索できます。

    たとえば、以下は"solar panel"という文字列が連続して出現する文書を検索します。

    "solar panel"

    一方、以下はsolarとpanelが同一文書に出現していればsolarとpanelの間に他の単語が出現していてもヒットします。

    solar panel

    IN検索

    コマンド検索モードでOR検索を繋げる場合、以下のようにそれぞれに検索項目コードをつける必要があります。

    (CL:太陽 OR CL:電池) AND (CL:ソーラ OR CL:パネル)

    *I"word1 word2.."という書式を用いることにより、一つの検索項目コードでいずれかの単語が含まれる場合という式を表現することができます。以下の例は、上記のORと同じ意味です。

    CL:*I"太陽 電池" AND CL:*I"ソーラ パネル"

    IN検索とフレーズ検索を組み合わせる場合は、以下のようにダブルクォーテーションの前にバックスラッシュ(\)を入力する必要があることに注意して下さい。

    KW:*I"PHOTOVOLTAIC \"solar panel\""

    上記の例は単純にOR検索で書くこともできます。

    KW:PHOTOVOLTAIC OR KW:"solar panel"

    近傍検索

    長文テキスト系の検索項目コードでは近傍検索が行えます。たとえば、クレームを対象に複数の単語が5文字以内に出現するものを抽出する場合は以下となります。

    CL:*N5"太陽 電池"

    なお、かな漢字の場合、距離は文字数ですが、記号アルファベットの場合、距離は単語数であることに注意してください。

    最後に|を入力することにより、近傍検索の最後の単語を指定できます。たとえば、同一センテンス内で近傍検索する場合は、最後に" 。|"と指定して下さい。また、最初に|を入力すると最初の単語も指定できます。

    CL:*N10000"太陽 電池 。|"

    括弧をつけると、括弧内のいずれか(OR)と括弧外のものが近くに現れる文書を近傍検索できます。なお、入れ子の括弧、論理演算子はサポートしておりません。

    CL:*N10000"(太陽 ソーラ) 電池 。|"

    上記の式は、以下の式と同じ意味になります。

    CL:*N10000"太陽 電池 。|" OR CL:*N10000"ソーラ 電池 。|"

    近傍検索ができるコードは、検索項目コードを参照。

    前方一致検索

    完全一致系の検索項目コードでは前方一致検索も行えます。たとえば、IPCで前方一致検索をする場合は以下となります。

    IPC:G06F*

    あいまい検索

    完全一致系の検索項目コードではあいまい検索も行えます。編集距離というアルゴリズムを用いて多少の表記揺れを許容して検索することができます。数値は最大で許容可能な編集距離になります。数値が大きいほど文字が多く異なっていてもヒットします。たとえば、以下は出願人 (JP:最新) で3文字以内の表記揺れのあいまい一致検索をする例です。この例では、"マイクロソフト コーポレイション"もヒットさせることができます。

    AMAPP:*F3"マイクロソフト コーポレーション"

    あいまい検索ができるコードは、検索項目コードを参照。

    範囲検索

    数値や日付データでは~を使うことにより範囲検索することができます。以下は、出願日が2011年1月1日から2011年3月1日を検索する例です。

    AD:2011-01-01~2011-03-01

    日付の場合は、年月日をハイフンで区切る必要があります。

    不等号検索

    数値や日付データでは><=などの不等号を使うことができます。以下は、出願日が2011年1月1日以降を検索する例です。

    AD:>2011-01-01

    コメント

      コマンド検索では、//スラッシュを2つならべることによりコメントをつけることができます。//以降の文字列は検索には影響しません。

      KW:太陽電池 //KWの検索対象は、タイトル、請求の範囲、明細書、審査官フリーワード

      セマンティック検索

      SE:{クエリ}という書式で、特定の文献または自然文に類似する文献を検索することができます。以下の例は出願番号が"JP20090253196"に似ている順の上位10000件(セマンティック検索オプションの出力件数)が検索されます。

      SE:"AN:P20090253196"
      コマンド検索で絞り込んだ母集団に対し、特定の文献または自然文の類似する関連順にソートすることもできます。以下例は、太陽光パネルで検索した結果を出願番号が"JP20090253196"の文献に関連する順でソートする例です。
      太陽光パネル
      SE:"AN:JP20090253196"
      L:1 AND L:2
      セマンティック検索を行う前の母集団が1万件(セマンティック検索オプションの出力件数)〜10万件を超える場合、計算量を落とすためにセマンティック検索では似ていないものを除外させることに注意してください。母集団が1万件(セマンティック検索オプションの出力件数)〜10万件以下の場合は、絞込を行わず、類似度のみがスコアに反映されます。
      以下のように任意の自然文を指定することもできます。
      太陽光パネル
      SE:"自然エネルギーである太陽光発電は敷地面積が広く大規模でありその清掃などのメンテナンスは人手で行うことは難しい。そこでごく簡単な設備で日本の四季にあわせて無人で清掃、除雪をおこなう。【解決手段】水上から水下方向にガイドレールを2本配置し、そのガイドレールに直角に、平行移動するワイパー棒を上から下に動かずことにより、太陽光発電パネルの表面を摩擦して汚れを落とす。このとき汚れを浮かす水はパネルに降った雨水を貯水し、ワイパー棒からスポンジで擦り付けるものとする。冬は凍結していないときに上から下まで冬用ワイパーを動かすことにより、除雪する。"
      L:1 AND L:2
      以下のように複数の文献番号を指定することもできます。
      太陽光パネル
      SE:"AN:JP20090253196 AN:JP20140165025"
      L:1 AND L:2
      なお、以下のように複数のセマンティック検索コマンドをANDで繋いだ場合、後ろの方の類似度で上書きされてしまい、以下の例では、L:2の意味はなくなることに注意して下さい。
      太陽光パネル
      SE:"AN:JP20090253196"
      SE:"AN:JP20140165025"
      L:1 AND L:2 AND L:3